原子炉倒壊に関する東電からの回答

東電に対し、福島第一・1号機原子炉の倒壊の可能性について質問していたところ、回答が届いた。 『国際廃炉研究開発機構(IRID)が事故後に評価を行っており、ペデスタルが一部欠損していたとしても、RPVを支持する機能が維持される旨の確認を行っております。』との回答には驚いた。IRIDのデータは耐震シミュレーションを偽装し安全だとしてい…
コメント:0

続きを読むread more

原発推進派とIPCCの欺瞞

昨日と本日のツイートの一部を掲載 ★原発推進派とは科学的議論はかみ合わない。彼らは原発はCO2排出しない、コストは安い、安定電源との妄想が酷い。放射能排出は無視。宗教信者と同じで科学的議論はしない。IPCCもUNSCEARも非科学的でデータ捏造している。気象庁もデータ改竄に組している。彼らは信者だから自ら検証しない。日本破滅! …
コメント:0

続きを読むread more

原子力だけはやってはいけない

最近のツイッターを転載。 ★小出裕章さん『溶け落ちた3基の炉心には広島原爆の7900発分のCs137が存在。そのうち168発分が大気中に放出され、そのうちの20%が陸地に降った。つまりわずか0.4%が陸地に降っただけで、広大な土地が「放射線管理区域」に汚染。国は緊急事態宣言で一般人を「放射線管理区域」に棄てた』 ★続き・・『…
コメント:0

続きを読むread more

一号機原子炉倒壊の危機への緊急対応を!

福島第一・一号機の倒壊の危機に関する最近のツイッターを転載。 【福島第一・1号機は倒壊の危機!】  ★元三菱重工技術者の8月の想定では震度6強(440ガル)での倒壊予測だったものが、建築学会の協力で再検証した結果、震度5強・震度6弱(200ガル)でも倒壊の結論に。昨年の春、今年の春の福島県沖の地震では震度6弱(200ガル以上)。…
コメント:0

続きを読むread more

非民主的・反社的な原子力小委員会

最近のツイッターの一部を掲載。 ★原子力小委員会の終盤、山口委員長が「委員長に一任」を提案。「異議無し」「賛同」声の中、日本消費生活アドバイザーの村上千里氏が「パブコメの意見を踏まえ再度議論をするなら、国民的議論が一部なされたと言える。パブコメが後だと議論されないのではないか。納得できない」と主張。 ★さらに、「運転期間に関…
コメント:0

続きを読むread more

原発は人格権を脅かす

ここ数日間に発信したツイッターを転載。 ★今中哲二さん『電力会社が革新炉・次世代炉に乗るとは思えない。20年後、30年後に稼働する新しい投資でリスクをかぶる気はない。結局、再稼働が争点。電力会社はどうしてもやりたい。原発やめると関電は1兆円の原発関連資産がなくなる。日本原電への投入資金も焦げ付く。やめるにやめられない』 …
コメント:0

続きを読むread more

福島第一・1号機は倒壊の危機!

【福島第一・1号機は倒壊の危機!】   ~東日本壊滅の恐れ?~               当初の森重さんの想定では震度6強での倒壊予測としていましたが、このたび建築学会の協力を得て偽装実験の解明(シミュレーション)した結果、震度5強・震度6弱(200ガルでも倒壊してしまうという結果の報告がフェースブックであった。 この程…
コメント:0

続きを読むread more

原発稼働していなければ電気料金は下がっていた

【原発稼働していなければ電気料金は下がっていた】   ~『原発40年ルール』を壊していいのか~ 以下はツイッターを転載。 ★当時野党だった自民党を含めた議員立法で法制化した『原発40年ルール』を経産省が理不尽な理由で壊そうとしている。経産省が進めてきた原発推進の国策を正当化させる為と、電力各社が投資してきた安全対策費5.7…
コメント:0

続きを読むread more

甲状腺がんを矮小化する人物たち

ツイッターで以下の情報(ブログ)を知った。 今後、環境省の神ノ田氏や規制委員会の伴信彦氏に正しい情報提供し、彼らの考え方を変えさせるかが課題。 https://ameblo.jp/tokaiama20/entry-12777871445.html 県民健康調査検討委員会で・・・ 『口火をきったのは、環境省の神ノ田昌博…
コメント:0

続きを読むread more

原発稼働状況~原発いらない~

たんぽぽ舎のメルマガの一部を転載。記憶と記録の為に・・   2022年12月12日現在の原発稼働状況 電力会社  号機  状態      運転開始日 停止日 出力(万kW) 関西電力 美浜3 運転中     2022.09.03     82.6 …
コメント:0

続きを読むread more

首都圏汚染土処分を活かせ

首都圏での汚染土処分の話が出てきたことで、首都圏の住民(小生もその一人)が自分事として考える良いきっかけになる。 福島県民だけに汚染水、放射能汚染、放射能被ばく、廃炉、汚染土壌の問題を押し込んで良いのか、原発の恩恵を受けて来た首都圏の住民も自分事として考え、議論するチャンスであろう。福島県民の葛藤や不安等のほんの少しでも理解できる…
コメント:0

続きを読むread more

原発政策の大転換を許すな

昨日と本日のツイッターを転載。 当時野党だった自民党を含めた議員立法で法制化した『原発40年ルール』を経産省が理不尽な理由で壊そうとしている。 経産省が進めてきた国策を正当化させる為と、それに従ってきた電力各社が投資してきた安全対策費5.7兆円と10年間の維持費約10兆円もの投資を回収させる為であって、国民を護る為ではない。…
コメント:0

続きを読むread more

汚染土を首都圏で再利用

環境省は汚染土壌を東京を含む首都圏の3か所で再利用する案を公開し、新聞でも報道された。これに関してのツイッターを転載する。 【汚染土壌の処分】 ★除染土を首都圏での再利用案を提示する事で、東京都民や首都圏住民が当事者として考える事は大事。最終的には住民の反対でとん挫するにしても、問題提起にはなる。最も良いのは霞が関や東電本社…
コメント:0

続きを読むread more

クローズアップ現代~原発は安全か~

NHKクローズアップ現代で『原発の安全性』について有識者10名に聞く特集を組んでいる。 有識者のうち、原発推進派はほとんどが経済中心のコメントで、期間延長含めた原発の劣化による危険性、放射性廃棄物、原発事故の避難計画、福島事故の反省の欠片も無い人達ばかり。原子力ムラの連中は12年前から進化していない化石人ばかり。 詳細は以下をご…
コメント:0

続きを読むread more

習近平の思惑

中国要人と長時間対談したという増田俊男氏がメルマガで得た情報を記憶と記録の為にツイッターで発信した要旨を転記しておく。 【ゼロコロナで上海封鎖の目的は江沢民一派の上海閥壊滅】 ★増田俊夫氏『習近平はゼロコロナと言う名の戒厳令で上海市を閉鎖し経済活動を停止することで宿敵江沢民が依るところの上海閥を崩壊に導いた。習近平は江沢民一派の…
コメント:0

続きを読むread more

木幡の幡祭り

二本松市木幡の『木幡の幡祭り』を見てきた。TVでは見ていたが実物を見るのは初めて。950年の歴史を護る為に地元の人たちの伝統継承の努力がすごい。雪の日も雨の日も、風の日も中止した事は無いと・・・以下は解説を転記。 『五色に彩られた百数十本の五反幡を押し立てて法螺貝を響かせ、阿武隈の山間の道をぬって木幡山をめざす「木幡の幡祭り」…
コメント:0

続きを読むread more

ワクチン含むコロナ対策は失敗

京都大学・宮沢孝幸准教授と医学ジャーナリスト鳥集徹氏の共著『コロナワクチン失敗の本質』を読んだ。ワクチン接種に恐怖を持つ。これからは絶対追加摂取をしてはならない事を学んだ。 摂取してしまった事で、今後健康に何らかの支障が出て来る可能性はある。免疫が弱まれば、成人病や感染症、がん等への罹患が早まる可能性は否定できない。地球上の人類の…
コメント:0

続きを読むread more

コロナワクチンは危険

コロナワクチンは危険で、これ以上接種してはならない。 ここ2週間程度であらゆるデータなり画像がネット上で出てきた。その一部を記録・記憶の為に書きとどめておく。 多くの著書も出てきた。京都大学・宮沢孝幸助教授の「コロナワクチン失敗の本質」著書も参考になる。あくまでも情報の提供であり、判断は自己責任でお願いします。 1.コ…
コメント:0

続きを読むread more

原子力小委員会は反社的勢力

岸田総理の本年中に原発政策(エネルギー政策)についての結論を出せとの要請に対し、11年間日陰に追いやられていた経産省を初めとした原子力ムラの連中が、この時とばかり復活し始めた。 原子力学会のシニア部会などは、原発の危険などには無知で無頓着な岸田に何とか原発推進を押し込もうと躍起だ。 この原子力小委員会のメンバーを見れば、結論あり…
コメント:0

続きを読むread more